計るだけで痩せるメカニズムとは

体重が増える一番の原因は、食べる量が多いことです。
基礎代謝と運動消費カロリーと摂取カロリーを計算して、摂取カロリーが消費カロリーよりも減れば必ず痩せられます。
ですが、毎日・毎食のカロリー計算や記録をするのはとても困難ですし、それが挫折ポイントでした。
では、なぜ体重をグラフにつけるとやせられるのでしょうか…?
それは「食べすぎるから増える」という事実をハッキリと自覚できるから♪気をつけているつもりでも、食べすぎていたりしているものです。
1日2回体重を測定してグラフにつけることで太るパターン(原因)に気づき、食い止めることができるのです。
1日50〜100gのペースで緩やかに体重を減らすことで、グラフ上では「右下がり」となって快感と感じて欲求が抑えられさらに脳内のやせ薬といわれるレプチンが適量に維持されるのです。
レプチンの効果
↓↓↓↓↓↓
●食欲を抑えられる
●基礎代謝を上がる


グラフの「右下がり」が楽しくなることで、快感物質を出しストレスや欲求を抑えることができるのです。
楽しくできるダイエットは、挫折することもなく続けられるのでリバウンドのないダイエットを成功させることができるのです。


TOPへ戻る
Copyright@2008
どうにかなるダイエット