パターンを知る
「停滞期」

順調に落ちていた体重グラフが突然、横ばいになる停滞期は必ずあります。
この時期は楽しみがなくツライ時期ですが、身体が次の体重減少に移る準備段階ですから喜んでください。
停滞期は身体の護衛反応なので必要なことなのです。
ある程度の体重が減ると、身体が飢餓状態だと勘違いしてこれ以上体重を減らさないように調節が働いているのです。
ですが、しばらくすれば身体が飢餓状態ではないと認識してくれます。

■食生活:
これまでと同じスタイルで生活していれば問題ありません。 ただ、便秘がちになりやすい時期でもあるので整腸作用のある納豆やヨーグルトなどを摂るようにしましょう。
ダイエットによるストレスもでてくる時期ですので、昼食は好きな物を食べましょう。(自然と低カロリーで栄養のある物を選ぶようになっています。)

■生活スタイル:
体重の横ばいに焦らず身体を維持する・体調を整えるようにしましょう。


TOPへ戻る
Copyright@2008
どうにかなるダイエット